スポンサーサイト

  • 2018.12.31 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    またコスメの話

    • 2016.05.14 Saturday
    • 01:11
    評価:
    資生堂
    ¥ 1,420
    コメント:いいし仕事するベビーパウダー

    私、ミネラルファンデ使ってるんですけど。

    ミネラルファンデは他のファンデに比べるとそこそこのカバー力があるのに、肌の負担は小さめでとてもありがたいです。
    BBクリームにミネラルファンデで大体のメイクはできます。
    あとは体調と日差しによって、BBだけかミネラルファンデだけかに使い分けています。

    ところがミネラルファンデって成分のせいか、どうしても赤黒くくすんできます。
    下地に緑のコントロールカラーを使うんですがそれだとミネラルの軽さがいまいち効果なくて残念でした。

    そこで、この資生堂のモアのファンシーパウダーです。
    基本手に気はベビーパウダーと同じ使い方です。
    汗かきやすいところにぱふぱふして使いますが、このお粉、ちょっと緑がかってるんですよ。

    なのでミネラルファンデに少量混ぜるとあら不思議、赤くすみが解消されるミネラルファンデになりました!
    普通のピジョンや和光堂のベビーパウダーもいいんですけど、よりカラー補正がはたらいて赤くすみには良い仕事しましす。
    お値段も1200円とお安い。
    残念なのは取り扱い店舗がすくないことでしょうか。
    私の近くではイトーヨーカドーの資生堂カウンターで扱ってました。

    同じような資生堂のパウダーでは琴とメモワールもあります。
    琴は黄色、メモワールはちょっとピンク。
    色調補正もちょとだけしてくれて、なかなかいいんじゃないでしょうか、

    あとどれも香りつきです。
    昭和のお母さんの化粧品みたいな匂いがします。
    私はすきだけど、匂いがだめな人もいると思うので是非店舗で確認してからお使い下さい。

    再放送みて再確認

    • 2016.02.24 Wednesday
    • 23:24
    やっぱり再放送って大事。

    道民のみなさんならご承知かと思いますが、今夕方にスラムダンクの再放送やってるんですよ。
    あと2話くらいで終わります。今週で終わるかな。
    息子のクラスでちょっとしたブームになってて、しかも今体育の授業がバスケなんでみんなで真似してるらしいです。流川の「ど阿呆」とか桜木の「天才ですから!」とか仙道の「一本いこう!」とか相沢の「要チェックや!」とか。

    わかるー真似したくなるよねー。
    で、ふと気がついたのです。
    自分が赤木兄弟の母親でもおかしくない年になっているということに……!!!!
    うあああああ!!!!時の流れは残酷すぎるよ…!!!!


    リアタイの時は面白い漫画で面白いアニメだなぁという感想だけで見てました。
    二次創作とかは一切やってなかったけど、同人誌は友達が貸してくれた。
    絵がすごく上手い作家だったから借りたんだけど……読んでから轟沈しました。
    やおい本でした。トラップだよ!友達は女オタク=やおい好きだと思っていたみたいで。
    私は当時は今でいう夢女子だったから好み違いだったんだ。藤花だったなー。トラウマすぎて、
    翔陽高校戦の時、今見てもなんか辛かった。別に公式は何にも悪くないんだけど。

    旦那ともし湘北の選手で誰が自分の息子だったらいいか討論したんですよ。
    赤木はお互いにいい息子だと思うという結論。
    赤木兄弟、優秀です。親御さんしっかりしてるんだろうね。
    次点は、私は木暮君、旦那は宮城。
    流川は家でも親にあまり話してくれないタイプだからお母さんちょっと寂しいわ。
    桜木と三井はグレてた時期があるので却下。
    木暮君は「学校どうだった?」て聞いたら「今日は一年がどうのこう…」話すタイプでしょ?!
    そういう話できる息子はやっぱりお母さん嬉しいよ。
    宮城はほっといても自分で自分の道を探して行動するタイプだから、父親から見てると人生に将来性を感じるんだそうです。


    で、我が家には娘がいないのですが、仮に娘が彼氏ですって連れてきたらどうなのか。多分第一印象的にはこんな感じ。

    OK!娘と仲良くやって!
    (湘北)赤木、木暮
    (陵南)相沢、越野
    (海南)神
    (翔陽)花形

    まあいいんじゃないの?
    (湘北)流川、宮城
    (陵南)魚住、仙道
    (海南)
    (翔陽)長谷川

    ちょっとお母さん心配だな
    (湘北)改心してからの三井
    (陵南)池上
    (海南)牧
    (翔陽)藤真

    アウト!!!
    (湘北)桜木、不良の時の三井
    (陵南)福田
    (海南)清田
    (翔陽)

    うちに娘いなくてよかったー。
    なおこんな記事を発見したので読むと、リアタイ時には
    流川、三井が人気ですが、皆さん年をとったら赤木と木暮になっているのがすごい現実感……。

    イギリスのお作法

    • 2016.02.22 Monday
    • 22:37
    ダウントンアビーが特番だった。

    ここ一年くらい、ずっと見ているイギリスドラマの「ダウントン・アビー」
    現在シーズン4がNHKで放送中です。

    舞台はタイタニック号の沈没のニュースから始まる20世紀初頭。
    イギリス貴族とその使用人達がおりなす群像劇。
    幸せになった人から死んで、クズしか残らない昼ドラもびっくりの衝撃展開ドラマです。

    ストーリーはともかく、このドラマの再現性が高いのは当時の生活様式、ファッション等。
    舞台となるダウントン伯爵家は実際のイギリスのお城で撮影されて、服装も当時の服装を忠実に再現。
    これがすごい。
    日本の大河ドラマ並の歴史考証が行われています。
    いやもしかしたら大河ドラマ以上かも。

    今週は、閑話休題でダウントンアビーに見る20世紀のイギリスマナーについて特集でした。
    日本でも大河ドラマには作法監修で小笠原流の先生とかが入ってるんですけど、ダウントンアビーも当時の作法研究の専門家が随時、画面をチェックしているそうです。
    今なら普通にやる握手とか笑顔とかお礼とかそういうものは「ここでは動かない」とか「女性はグラスをならさない」とか「こういう言葉はいわはない」とか、もうすんごく細かいチェックを入れているそうです。

    貴族のマナー、使用人のマナー、労働者階級のマナーといろいろあって、それが細かく全部違うのが面白いし勉強になりました。

    作り込みがすごいドラマだなぁと思っていましたが、監修がこんなにびったりやっているとは。
    役者さんも大変そうでした。

    いわゆる執事にも階級があって、執事長、従者、ドアマン、フットマン、ドライバー、みんな仕事が違うし、どこまでやってどこまでやらないか決まっているし、それはメイドもそうでした。
    フットマンは料理を運ぶけどメインは第一フットマンで付け合わせを運ぶのは第二フットマンとか。
    侍従は旦那様の身の回りのお世話をするけどフットマンはそういうことができないとか。
    メイド長、侍女、ハウスメイド、クッキングメイド、それぞれみんな違うんですねー。
    侍女は奥様やお嬢様の身の回りのことをするけど、料理はしないとか。

    日本の一般人だと執事もメイドもなんでもやってくれる気がしますが、明確には細かく仕事の内容でランク分けされているのだそうです。

    あと20世紀初頭は感染症が怖いので気軽に握手をしないとか、かなり親しくてもうれしさのあまりハグをするとかあまりないとか。
    欧米人ですぐハグやキスを挨拶にするもんだと思ったら、あの時代は違うそうです。
    それから貴族の女の人は手袋を必ずしていて、手袋をしてないのは裸も同然だとか!
    日本ではせいぜい、ウエディングドレスのときくらいしか手袋しませんねー。
    ゲストの人でも手袋しないけど、これ海外の格式あるパーティーだったら手袋必需ってことかなぁ。
    一つ勉強になりました。

    この時代のイギリス貴族がマナーにうるさかったのはその100年前にフランスでフランス革命がおきたことが一因だそうです。
    自由気ままに振る舞って、格式を無視したような堕落した貴族だと思われるとフランス革命のように労働者階級に侮られる恐れがあったとか。
    今でもイギリスの社交界とフランスの社交界では格式が違うといわれますが、それはこのへんからきているのかもしれません。

    とても面白い特集でした。


    なお、そのすぐあとMUSIC JAPANに「刀剣乱舞チーム三条with加州清光」が芝居して、歌って、踊って去って行きました。
    ダウントンの後にみたから余計衝撃的な画面だったな……

    だーかーら腐女子じゃないんですぅぅぅ

    • 2016.02.11 Thursday
    • 21:28
    普通に面白いんですけど!?

    おそ松さんのことね。

    普通にギャグアニメとして見てますよ。
    銀魂の悪ノリが好きなら面白いと思います。監督一緒だし。

    界隈ではかけ算が流行っているそうですが、同じ顔だから入れ替えても何にもかわらなくね?とか思ってます。
    そんなこと言ったら殺されそうだなー。

    声優が豪華なのは確かです。
    声優さんてすごいね。
    十四松が丞太郎と同じ声だとは思えないよ……
    カラ松は声も言ってることもゴールデンライアンと大して変わらないのに、なんであんなに面白いの。
    デカパンがうえだゆうじで、だよーんが飛田展夫で、猫が大川透だったと分かったときにはブッ!ってなりました。
    ただの低予算深夜アニメなら勿体なくてそんな人使えないでしょ!!!
    ここに制作側のやる気を感じました。

    深夜だから当然録画で見てるんですけど、息子も見てまして「シェー!」って覚えちゃったんですよ。
    校長先生に「おそ松くんしってるのかい?」って言われちゃった。
    息子「校長先生、今、『おそ松さん』って夜やってるよ!」って校長先生に教えちゃった……。

    校長先生ー!見てますぅぅぅ!?(見なくてよいですよ)

    手帳用にいかが

    • 2015.12.11 Friday
    • 19:53
    このペンお気に入り。

    オタクにありがちな文房具好きです。
    紙とかペンとかインクとか楽しいです。
    最近のお気に入りはこのぺんてるのエナージェルシリーズ。
    水性顔料のゲルインキボールペンですね。
    顔料だから、乾くと耐水性になります。
    油性ボールペンにありがちなかすれも少ないし、にじみもありません。
    マスキングテープにも書いたあとすぐ触らなければ問題ないです。

    一番なのは、このペンの0.3ミリが本当に細くて綺麗に書けること。
    特に手帳に細かくスケ-ジュールを書き込む人には本当におすすめです。
    uniのジェットストリームの書き味も悪くないんですけど、やっぱり油性ボールペンのインクじゃないなーって言うときに重宝してます。
    ジェットストリームみたいにパッケージがかわいいのは出てないんでですけどね。
    そろそろ年末で手帳を買い換えるついでにちょうどいいペンをお探しの方いかがでしょうか。

    私は気に入ったので黒と青を使っていますよ。

    隠された歴史

    • 2015.07.23 Thursday
    • 04:08
    時間とともに忘れてしまうのは悲しいのか、救いなのか。

    時々、携帯でブラウザ立ち上げてるとでてくる電子コミックスの広告。
    エロマンガだったり、BLマンガだったりして「興味ねーよ!うぜー!」とか思っていました。
    そんななかで、ちょっと気になる異質なマンガの広告が流れます。

    「あそこは地獄ですだ」とか「おら、女郎になりてえ」とかそんなセリフととともにちょっと昔の劇画調少女漫画がでてくるやつです。

    あまりにも気になって(広告にひっかかった)アクセスすると、第一話の半分くらいは無料で読めるとのこと。
    試しにちょっと読んでみました。

    名作でした。
    amazonの電子書籍で購入して全話読みました。
    この作品レビューの評価が高く、話題作となっています。
    紙媒体のコミックスは廃盤ですが、反響の多さで復刊しました。

    電子書籍のほうが少し安いのですが、紙書籍で読んでも素晴らしい作品だと思います。


    この話は北海道の室蘭が舞台。
    今でこそ寂れた街になってしまった室蘭ですが、昭和初期、戦争の需要で鉄の街としてそれは栄えた都市でした。
    そこへ東北の貧村から売られた少女達が、遊郭街「幕西遊郭」へやってきます。
    そして、少女四人にそれぞれ壮絶な人生が流れていきます。

    この話自体は架空の人物や、架空の店ですが、「幕西遊郭」は実際に存在しました。
    そしてこのような少女達の話は大小あれ、似た様な境遇だったと思います。

    北海道の開拓には多くの男性が従事しました。
    それは一般の開拓民にしても屯田兵にしても、開拓当時から男性の人口のほうが多かったはずです。
    そのうえ、「タコ部屋労働」のように男性を騙して連れてきて、働かせているところもありました。
    北海道はしばらく、男性人口の多い土地柄だったはずです。
    そうなると、男性はやはり女性が恋しい。
    その需要に対応して花街、色街が作られていくのは必須の歴史でしょう。
    こうして道内の主要都市には色街、花街が形成されていくのです。
    そこにいる芸妓、娼妓は親に売られて仕方なく従事しているものがほとんどだったことでしょう。

    しかしながら今や、札幌のすすきのあたりを除いて、ほとんどその痕跡は時間の波に飲み込まれまれてしまいました。
    遊郭街は何もなかったように消えています。
    昔の妓楼もほとんど取り壊され、ただの住宅地になっています。
    働いていた女性達の姿を見ることもありません。
    苦界に身を沈めた女性達のことは誰も口にすることなく、忘れ去られていきました。

    今も昔も色街、花街についてもことは歴史の恥部と扱われます。
    おおぴらに語る人も少ない話題です。
    公の記録にはわずかに記載されるくらいです。
    でもそこには確かに、人間の原始的な欲望が織りなす悲喜交々の営みがあったはずです。
    そしてそこで働くもの、通うものが北海道の歴史を作ったのは事実なのです。

    著者が室蘭出身のマンガ家ということもあり、とても細かく取材して描いているのがわかります。
    教科書が教えてくれない、北海道の歴史。
    ぶっちゃけ、これ図書館におくレベルのマンガだと思います。

    フランスの歴史

    • 2015.07.09 Thursday
    • 15:26
    コメント:中世ヨーロッパの歴史スペクタクル。暗い。

    暗黒の時代?

    ベルばらの再放送から、フランスの歴史に興味をもち始めました。
    いろいろ調べていると、血なまぐさい話がいっぱいでてきましたよ。
    以前に中世ヨーロッパは野蛮だよな、という意見を聞いてはいましたが日本史専属に歴史マニアにはピンとこなかったのです。
    風呂に入らないとかトイレは外に捨てるとかペスト大流行とかは知ってましたけど。
    あとは100年も戦争してたり、英雄の乙女を焼き殺したり、異端裁判で拷問やったりとかか。

    そんな中でフランスの歴史でも有名なサン・バルテルミーの虐殺という事件が気になりました。
    で、この事件をモチーフにしたアレクサンドル・デュマの小説「王妃マルゴ」が映画化されていたというのを知りました。
    まぁまぁ古い映画なので、ツタヤでレンタルして視聴。

    パッケージのマルゴと恋人のラ・モール伯爵の切ない恋物語、だと思って見たら酷い目を見る作品です!
    容赦ない虐殺描写にうわぁぁぁってなります。

    まず、画面が終始、暗い。
    きらびやかな王宮、貴族達の暮らしを期待してみたらがっかりさせられます。
    家の中、宮殿の中もなんかほの暗い。
    当時は今より窓も小さいし、明かりはろうそくやたいまつだから暗くて当然なんですよね。
    パリの街はもちろん汚い。
    さすがに汚物の再現まではしていませんが、道は泥でぐちゃぐちゃだし、建物の壁はすすだらけだし、住人の服も汚いし、風体もぼっろぼろ。こいつら絶対風呂入ってない感でまくり。
    貴族の衣装も当時の色彩を再現しなんかくすんだ色味。
    今のような鮮やかな色が染色できる様になったのって、化学染料が発明された近代からなんだろうから、これは正しい中世の再現でしょう。

    中世の再現度は高いかと思います。
    Wikipediaによるとすごい制作費用がかかっているそうで、納得です。
    全体的に暗い映像なので、画質のいいテレビで視聴されることをおすすめします。

    で、お話。
    王妃マルゴはマルグリット・ド・ヴァロワという実在したフランス王女で後にフランス王妃になる女性。
    このマルゴ、王女様ですがとんでもないビッチ。
    終始ビッチ。
    でもそのビッチになったのにも理由があったりします。
    実際のマルゴもビッチだったらしいのですが、その理由が本当かどうかは定かではありません。

    で、そのマルゴが隣国のナバラ王アンリと結婚するのです。
    マルゴはフランス王室でカトリック、ナバラ王アンリはプロテスタント(当時はユグノーと呼ばれていた)。
    当時はカトリックとプロテスタントの仲が非常に悪く、その仲裁のための結婚で、二人とも渋々の結婚式。
    ところが、カトリックとプロテスタントの一色触発の雰囲気はこの結婚式で爆発し、カトリック派の貴族が結婚式の祝いにきていたプロテスタントの貴族を虐殺します。
    それにつられて民衆もカトリック派がプロテスタント派の住民を虐殺します。
    これがサン・バルテルミーの虐殺です。

    飛び散る血しぶき、吹き飛ぶ首、逃げ惑う住民、追いかける住民、上がる悲鳴、重なる死人の山。
    街も広場も王宮もどこかしこも死体と血だまりだらけ。

    もともと暗い画面がますます凄惨なことになります。

    この出来事をきっかけにナバラ王アンリはフランスに幽閉されカトリックへ改宗させられます。
    マルゴもナバラ王アンリの妻として自由を奪われながら、ナバラ王アンリの部下であったラ・モール伯爵と恋に落ちます。
    しかし、マルゴは本当は優しく誇り高い人物だったのです。
    マルゴはナバラ王アンリを友人として支え、フランス王シャルル9世や母のカトリーヌ、昔の恋人で権力者のギーズ公アンリと対立しながらもなんとかやっていこうとするのです。

    史実とは若干異なるところもありますが、あってるところもあります。
    そして、このサン・バルテルミー前後のフランス史と登場人物を暗記しておかないと、「え?この人誰だっけ?」とか「なんでこんなことになってんの?」という展開が待っています。

    特に名前がね。
    なんでフランスの権力者てみんなアンリなんだ!
    アンリがいっぱいです。
    ナバラ王アンリ、後のアンリ4世。マルゴの夫。
    アンリ・ド・ヴァロワ、後のアンリ3世。マルゴの兄弟。
    ギーズ公アンリ。マルゴの昔の恋人。
    しかもみんなパーマのロン毛で同じような髪型だし。(日本の侍もみんなチョンマゲだけどね)

    そして長い。
    162分。
    二日に分けて見ました。
    話も複雑だし、画面も暗いので疲れます。

    マルゴ役のイザベル・アジャーニが、とても美しいです。
    漆黒の長髪をなびかせた王女様は男の前では妖艶で、時に凜としています。
    実際のマルゴの肖像画より大人っぽいです。

    見ていてお気に入りだったのはマルゴの友人アンリエット夫人。
    彼女もマルゴに負けず、ビッチ。でも勇気があってマルゴのよき理解者でした。
    アンリエット役のドミニク・ブランがアンリエット夫人の再現度が高くてびっくりしました。

    再現度高いといえば、最初の結婚式のシーンやパーティーのシーンもよかったけどなんたって、イノシシ狩りのシーンですね。
    狩りと言っても軍事訓練的な要素もあったそうなので、ずらっとならぶ騎兵の騎士達は壮観です。

    VHS版だと吹き替えでマルゴが田中敦子、ラ・モールは堀内賢雄という豪華キャストなのですがDVDは字幕しかありませんでした!
    あっちゃんの声のマルゴが見たかったなぁ……。

    歴史物が好きなら面白いと思います。
    そうじゃない人はつまんねーってなるだろうな。

    私は、見たかいはあったかな。

    リンクする時代

    • 2015.01.06 Tuesday
    • 05:40
    評価:
    佐々木 譲
    文藝春秋
    コメント:時代は流れているのですね

    そんなに昔になるのかよ!

    今回は山犬。大先生からお借りした本の感想です。
    古い未解決事件を捜査する部署にいる、主人公ですが今回捜査するのは平成7年の4月に起こった殺人事件。
    これを主人公と新たなパートナーに女性警察官がバディで殺人事件の謎を解いていきます。
    いわゆる警察ミステリー。
    今回は主人公の他に、主人公の友人である科捜研の担当者や、当時その事件を担当し今は似たような事件をまた担当することになった中年刑事もでてきて、ちょっとした群像劇な展開にもなっています。
    前作、地層捜査は主人公とおじさんの元刑事さんだけでほぼ話が進むのとちょっと違った展開でした。

    この、それぞれ別の事件を抱えているのが少しずつ平成7年の事件とリンクしていく課程がたまらなく面白かったです。
    実は最初に、犯人の目星がついてしまうのですがどうやってそこへたどり着くのか、そして別々の事件がどうやって繋がっていくのか興味津々となりました。

    しかし、今回の捜査担当者たちはみな優秀です。
    日本の警察がこれだけ優秀な人たちばかりだったら、安心できるなぁ。
    主人公とバディの女性警官がほんとやり手です。
    容疑者やその周辺の人から話を引き出すやりとりなんて、そこからそういう話に持って行くの!?って毎回驚きます。

    また、警察作品って独特の世界や専門知識が求められるのでこの作者はよくここまで書けるなぁと思います。
    架空の町じゃなくて実際の代官山が舞台なので、取材もみっちりされているのでしょう。
    前作の四谷付近もすごくリアルでしたが代官山もとても精密に描写されていて溜息がでます。
    いや、私、代官山行ったことないんですけどね。

    そして捜査対象の平成7年というのは、私くらいの人なら忘れはしない年でしょう。
    西暦でいうなら1995年。
    1月17日に阪神淡路大震災。
    3月20日に地下鉄サリン事件。
    この話には直接かかわってきませんが、この二つの事件が警察にどのような影響を及ぼしたのか分析されているのがすばらしいです。

    私ごとでは平成7年は親元から離れて暮らし始めた年なんです。
    被害者の女の子が平成7年の時点で22才、一人暮らし、デザイナーを目指して上京中だった、という設定がまた自分にシンクロしましたね。
    平成7年の女の子の流行、ライフスタイル、ファッション、メディアそういうものが一気に蘇ってきました。
    読んでいて、「そうそう、代官山がおしゃれの街って知った頃だったなぁ」と思い返しました。
    当時、ファッションや流行に全然興味のなかったオタク女子の私が一人暮らしを初めてそいうものを意識しだした時でもありました。
    ここから数年、オタ活動してなかったよ。

    そしてコールドケースというくらいなので古いまま未解決の事件という意味になります。
    そこで、平成7年ってコールドケースになるの?と思っていたら、話のなかでは「17年前の事件」と書かれていて、え、平成7年ってそんなに経つの!?と思ったものです。
    ちなみに作品発表から時間がたっているので今はもう19年前になるんですけどねー。時間って恐ろしいわ。

    佐々木譲の作品は2本目なんですけど、文体とか話の作り方とか私好みなので他の作品も読んでみたいなぁと思いました。

    代官山って、今でも私の興味がある場所ではないのですがちょっと行ってみたいなぁと思いました。

    太極ブーム

    • 2014.12.20 Saturday
    • 21:00
    評価:
    コメント:パロディコメディです。実在の人物は関係ないですよ

    そんなのがくる予定らしい。

    趣味と健康をかねて太極拳をやってもうすぐ6年目になります。
    現在2級なんで、来年は1級を受験する予定。
    最終的には初段まで行きたいなぁ。
    動きが堅くてマダマダなんだけど。

    そんな老若男女が楽しめる健康スポーツ太極拳。
    中国の風景とかカンフー映画とかで見たことあると思います。
    あれね、ゆっくりだから簡単そうだとか思うでしょ?
    実はめっちゃ頭使うんです。
    筋肉も普段使う外側の筋肉じゃなくて内側の筋肉使うからすっげー体力つきます。
    でも無理しないで、自分のペースでやれるんです。
    私の疼痛障害が寛解したのも太極年のおかげっていうのもあるくらい、おすすめです。
    若い人でも他のスポーツでは使わない筋肉やバランス感覚を養うので、セカンドスポーツとしてやるとメインスポーツにいい影響があると思いますよ。
    もちろん単体でやってもいいと思います。

    そんな現在の太極拳の原型になったといわれる創始者・楊露禅の若き日を描いたとされていますが、実際はコメディパロディでさらにスチームパンクでカンフーアクションです!
    太極0(ややこしいがこれがシリーズ1作品目)太極 HERO(これが2)とでてます。

    2時間てんこ盛り。
    ストーリーはありがちで突っ込みどころ満載です。
    スチームパンクシーンもばりばりのCGってわかるし。
    でもね、カンフー映画にあるスカッとした爽快感は味わえます!これ大事よね!
    そして太極拳をやっている人には是非見て欲しいです。
    動きがすばらしい!
    主演はジェット・リーじゃないかと噂されていたらさしいですが、新人の袁暁超(ユエン・シャオチャオ)君です。
    2008年北京オリンピック武術大会や2010年広州アジア大会の長拳部(武術太極拳っていう人もいるけどどうなんだ)の金メダリストです。
    そら上手いわけだ。
    爽やか顔のイケメンですぜ!
    ただ、台詞回しはまだまだですね。
    カンフー映画は基本吹き替えで見るからあまり気にならないけど、この辺中華圏の視聴者にはどう映ったんだろうなぁ。
    あ!大会の時の動画あったよ!
    http://youtu.be/Xr9B_41TIxY

    カンフー好きだったり習っていたらこれのすごさわかるよね。
    ちなみにこれもちろんワイヤーアクションじゃないよー。
    それから子役たちがまた上手い子ばっかりなんだよなぁ。
    本場は人材が豊富なんでしょうね。
    ヒロインはアンジェラベイビーちゃん。
    超かわいいです!日本国内でもモデル活動してるだけあって、美人!
    アンジェラちゃんはカンフーアクション未経験だったそうですが、なんのなんの、私より上手いんじゃないかな。
    レオン・カーファイも渋くてかっこいいよ。
    1には私の大好きなブルース・リャン、2にはユンピョウがゲスト出演してます。
    アクション監督は日本人にはデブゴンでおなじみサモハンキンポー。

    噂では少林サッカーのチャウシンチーとかキアヌ・リーブスも太極拳ものの企画をしているそうなので、是非作っていただきたいです。
    みんなでやろう、太極拳!

    脱稿しました!

    • 2014.10.09 Thursday
    • 05:40
    時代の変化におののく老兵。

    しばらくぶりですこんにちは。
    前回、本を作るから更新滞ります、と言って本当に更新しなかったです。

    いや、こんなに、作業工程が多いとは思わなかった……。

    まず、今、web入稿っていうのができるんですよね。
    私が現役だったころ、もちろんなかったシステムです。
    紙いらないんだ……。郵送しないんだ……。
    で、印刷方法もオフセットかコーピー機だったのに、今はオンデマンドというその中間になるような印刷方法があるんですね。
    まったく知らなかった。

    オフセで出そうと思ったら、「小説ならオンデマンドで十分です」っていうアドバイスをもらって
    なんじゃそりゃ!?ってなりました。
    オンデマはコピーのもっと上質なものらしく、オフセには劣りますが、コピー誌のよりもちゃんとしたのが作れてかつオフセよりずっとお安い。
    小説だとページ数がかさむからこれは助かりました。

    しかし、web入稿ってなんでもかんでも送れるわけじゃなく、指定の形式ファイルにしないとならないのです。
    で、本のサイズに合わせて自分で原稿サイズもつくらないとならない。
    紙の原稿用紙なら分かりやすいですけど、画面上だとこれがわからん。

    まず原稿制作で躓きました。
    文章つくるのはすぐできたんですけど、それを原稿用の書式に合わせるのが大変でした。
    wordで作ったら私のはword形式が古くてそのまま入稿できないんです。
    で、pdfに変換しないとならない。
    実は新しいwordにはpdf変換が標準でついているのですが、うちのはついてないんです。
    仕方ないのでwordからpdfに変換するソフトを使ってみたのですが書式が崩れるわ、そもそもエラーで出力できないわ…
    そこでopen officeでやることにしたのですが、いくらwordと互換性があっても細かい書式がかわってしまうのです。
    wordでレイアウトを作ったのに、結局openofficeに移してからレイアウトやり直しという羽目に……。
    表紙もイラレで作ったんですけど、使い方が微妙にわからないところがあって大変でした。
    作った画像も、これまたイラレ形式じゃなくてpsd形式にしなきゃならない。
    変換するとクリッピングマスクじゃ画像のサイズが思った通りにならなくて……。
    画像の切り抜きどうやるんだー!ってなりました。
    あ、それはトンボ→web書きだしでできました。一つ勉強になった。

    やっと原稿できたら、今度は入稿の時の決まりでファイル名の付け直しとか圧縮とかアップロードの決まりとか……

    うぉぉぉああああ!ってなりました。

    ただし今回一回やったので、次はもっと上手く早くできると思います!(次あるんかい)

    さきほど、原稿の入稿完了のお知らせがきたので(これがメールっていうのも時代だね)あとは本を待つだけです!
    トラブルありませんように!

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << March 2020 >>

    はじめてきちゃった人へ

    いろいろあるので週二回が基本更新です。なおmixiにも出没していてそっちは頻繁につぶやいてます。にコメント、トラックバックについてはスパムが多いため承認制にしました。 私がふさわしくないと判断したコメント、トラックバックについては削除する可能性もありますが、めったなことでは削除しませんので、お気軽にコメントください。

    cow girl homeにきちゃった人

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    骨盤メンテ―ゆがみを解消!
    骨盤メンテ―ゆがみを解消! (JUGEMレビュー »)
    渡部 信子
    待ってました!渡部先生の本がついにでました。妊産婦の腰痛や女性の骨盤について詳しく書いてあります!

    recommend

    専門医がやさしく教える 腰痛―つらい痛みや慢性的な不快感、しびれを撃退!
    専門医がやさしく教える 腰痛―つらい痛みや慢性的な不快感、しびれを撃退! (JUGEMレビュー »)
    久野木 順一
    もっとも手に入れやすい腰痛関係の本で整形の先生が妊産婦の腰痛についてかいているのはこれぐらいです。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM