スポンサーサイト

  • 2018.12.31 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    みなさん、明日夜8時は

    • 2012.02.16 Thursday
    • 21:34
    NHKですよ。

    大地のファンファーレ前編の放送です。

    ばんえいを舞台にした人間ドラマです。
    帯広が山のように映るのでぜひ見て下さい。
    そして馬券買いに行きませんか?

    当たるとでかいわよ。

    お馬と女の子(R18)

    • 2011.10.14 Friday
    • 12:02
    私のブログのタイトルが「COW GIRL HOME!からの独り言」です。

    これは昔、COW GIRL HOME!というサイトで馬とか牛とか銃とか好きなことをだらだら書いているのをやっていた名残です。
    サイト自体は閉鎖してその日記ページだけが独立して残っている名残なのですが。


    カウボーイは分かりますよね?
    wikipediaのカウボーイのページ。

    _______
    カウボーイ(cowboy)は、北アメリカ大陸やオーストラリアなどの牧場で見られる、畜産業に従事する牧場労働者のこと。牧童。また、同種の職業に従事する女性をカウガールと呼ぶ。

    _______

    サイトをやってた頃は馬が好きで(乗ってました)しかもサバゲもやっててエアガンぶっ放してたんです。
    カウガール気取りでした(遠い目)

    で、ふと、カウボーイ、カウガールじゃなくて、ホースボーイ、ホースガールだったらどうなるんだ?とGoogle先生に聞いてみたところホースとボーイとガールが混在してるサイトがヒットします。
    特に、競走馬の名前がでているサイトとかね。

    で、これをホースじゃなくてポニーにするとえらいことになりました(汗
    ポニーボーイとかポニーガールってそういう意味なんだ、
    へぇぇぇぇぇ。

    wikipediaさんによるとポニーガール、ポニーボーイっていうのは文化的背景として
    _______
    馬が生活に密着していた西欧圏での馬に対する愛着や親近感などが背景にある。また野生の馬を調教し馴致(人に馴れさせる)といった過程が恋愛関係の一部に共感できることなども影響を与えている。
    _______


    ヨーロッパでは乗馬とか馬そ飼育する文化が日本ほど廃れていなくて、未だに手軽で身近な馬と人の関係があるとは聞いてましたけど、こんなところにも影響するんですね!

    日本だど「このメス犬!」とか「この豚野郎!」とかが有名ですけどね。
    あっちでは豚より馬なんだ。
    へぇぇぇぇー…。


    学校の馬文化の授業では教えてくれなかったよ!(教えるわけないだろう)

    以下大人向けだよ!18才以下は見ちゃダメ!


    続きを読む >>

    鏑矢の音

    • 2011.09.26 Monday
    • 09:18
    流鏑馬を見てきました。

    昨日、帯広神社では秋祭りの最終日だったのです。
    奉納流鏑馬があると聞いたので子供を連れて行ってきました。

    射手の皆さんの時代衣装も華やかに、道産子の纏う馬装もきらびやかでした。
    和鞍でしたよ!
    月毛の道産子が多かったので朱色の尻掛けが艶やかなこと。


    射手の皆さんもなかなかの人たち、っていうかレベル高い人多かったです。
    わざわざ東京や神奈川からきてくれてましたよ。

    最後の競弓では30センチ四方の的を当てるのは凄かったです。

    北海道では奉納流鏑馬の歴史が浅いんだそうです。

    しょうがないよね、明治の開拓者たちは武士の時代が終わってからきた人達だし。
    そう考えたら北海道って馬の数のわりに、馬の神事って少ないなあ。

    流鏑馬はよく知らない人でも迫力があって的に当たった時の爽快感が素晴らしいので、機会があったらぜひ見にいって下さいね!
    ご利益もありますよ。

    20年前の私に言いたいと思うばんえい競馬

    • 2011.08.22 Monday
    • 21:16
    201108222110000.jpg
    武豊のサインもらって間近で写真とれたよ!って。

    知ってたけど間近で見ると本当に皆さんほそーい!体脂肪率確実に一桁です。
    そして実年齢より若く見える。
    多分、減量とかでサーチュイン遺伝子が活性化されてるんだろうなぁ。

    私服はお洒落さん多しです。
    テレビ中継だと勝負服でしか見たことないんですけど、私服姿かっこいいー!
    武豊騎手はラコステのポロシャツにジーンズでしたけど藤田伸二騎手とか安藤勝巳騎手とかお洒落上級者でした。
    普通の競馬開催じゃないんで、騎手のみなさんもリラックスムードでした。

    そうです、今日は、ばんえいのJRAジョッキーデー!
    年に一度、JRAの騎手がばんえいに来る日です。
    イベント満載でしたよ!

    まず、入場口でのお出迎え。
    しかしこれは人が多すぎてどっちが迎えてるのか分からなかったよw

    そして各ジョッキーの協催レース。
    レースの後は表彰式後に協催ジョッキーがサイン会してくれます。
    藤岡騎手と武豊騎手にサインしてもらえました!
    三浦皇成騎手は時間切れでしたが手渡しで名前入りのQuoカード配ってくれました!

    そして、それとは別に写真撮影タイムが正門ゲートで行われます。
    騎手と一緒に写真をとることができるのはオークションで撮影権をゲットした人のみですが、待ちタイムで立っている騎手だけならそのまま撮影させてもらえます。

    しかも近!
    1.5mの距離に安藤勝巳騎手、三浦皇成騎手、藤田伸二騎手、武豊騎手がいます。
    で、この撮影会に登場するときはなんとリッキーが牽く真っ白なお客様馬車に乗って騎手が登場します。
    ジョッキーが馬車の客席から登場するなんて

    JRAでもやらない演出です。


    その他にトークショーとかエキシビジョンレースもありまして、JRAジョッキーがばんばの橇に乗ってあのばんえいコースを走るのです。(うしろにばんばのジョッキーが一緒に乗ってますけど)
    エキシビジョンの様子はこちらで見られます。

    今年はエキシビジョンが2回もありまして、(一昨年は1回だったような気がする)大変面白いレース展開になっています。
    エキシビジョンなんで馬券はないんですが、未確定馬券2千円分が一口でエキシビジョン投票券をもらうことができます。
    勝利ジョッキーを予想して投票すると的中した人のなかから抽選でサイン入りポスターとかJRAグッズとか豪華賞品が貰えるのです。

    時間がなくてエキシビジョンまで居られなかったのが残念です…。

    肝心のばんえいの馬券は-600円でした!
    しかしここではずれ馬券を捨ててはいけません。
    はずれ馬券500円で入り口のとかちむら各店で割引がうけられます。


    と、いうわけでELE Mercateでお買い物。
    ロールケーキとゼリーをお土産に帰りました。

    半日いても2000円でおつりが来るのでした。
    しかも、負けたお金は某国に流れるのではなく帯広市に使われ市民に還元されるのです。
    リッキーとミルキーの餌代にもなると思えば負けても全然惜しくない。
    パチンコ行くならばんえいにいこうよ。

    そういえばリッキーは撮影会でもJRAジョッキーに「大人しいなー」とか「落ち着いてるなー」とか褒められてました。
    藤田伸二騎手も三浦騎手もあんかつさんもペタペタ触ってたよ。
    保育園児からおばあちゃん、果てはプロの騎手まで魅了するリッキー、帯広市役所職員の鏡です。
    201108221613001.jpg


    JUGEMテーマ:競馬

    JRAジョッキーデーinばんえい!

    • 2011.08.17 Wednesday
    • 11:37
    年に一回、ばんえいにJRAジョッキーがくるのですが今年もあります。
    8/22月曜日、JRAジョッキーデー!

    この日はJRAジョッキーのお出迎えとかサイン会とかトークショーとかJRAジョッキーがばんえいに挑戦するエキシビジョンとかあります。

    今年のゲストジョッキーは

    ・安藤勝己【5回目】
    ・勝浦正樹【5回目】
    ・武豊【2回目】
    ・藤岡佑介【2回目】
    ・藤田伸二【5回目】
    ・松岡正海【2回目】
    ・三浦皇成【2回目】
    ・吉田隼人【初来場】
    ・吉田豊【初来場】

    三浦皇成もくるけど武豊きちゃいます!
    アンカツさんとか藤田くんも嬉しいんだけどね!
    まだ騎手X、つまり未定のゲストジョッキーもいるのでお楽しみに。

    8/22は帯広競馬場へゴー!

    ご冥福をお祈りします

    • 2011.08.11 Thursday
    • 10:19
    テイエムオペラオーや数々の名馬を輩出したテイエム牧場が火災になりました。
    http://tmkeiba.exblog.jp/
    人的被害はないのですが、2歳馬の厩舎が全焼で13頭の2歳馬が亡くなってしまったそうです。

    炎の中、泣きながら死んでしまった馬、その馬に夢を託して毎日世話をしていた牧場の人、若駒の生産者…どれをとってもやりきれないです。
    馬も人もさぞ無念だと思います。

    静かに馬の冥福を祈りたいと思います。

    馬の絵本

    • 2011.02.25 Friday
    • 13:19
    最近気になっている作家さん、加藤多一さん。
    馬と人の話を童話で書いてます。
    どれも北海道が舞台で、戦中の話。

    戦争では沢山の若者が兵隊にとられましたが、馬もまた軍馬として連れて行かれました。
    日本に帰って来れた馬は一頭、ロバも一頭だけ確認されています。
    他の馬は死んだり、捨てられたり、盗られたりして二度と日本の地を踏むことはなかったのです。

    挿絵の作家さんが全部違いますが、どれもその話の雰囲気をたっぷり味わわせてくれます。
    特に、「馬を洗って」と「ホシコ」はむしろ大人向けの要素が強い美しい挿絵です。
    「はるふぶき」は子どもの目で見てもわかりやすい広々とした挿絵です。

    「馬を洗って」と「ホシコ」の二作は対になっている作品です。
    「馬を洗って」にでてくるソンキと兄はともに虚弱、対して「ホシコ」にでてくるホシコとコウちゃんは立派な体躯として描かれていますが、戦争はそんな違いに容赦なく降りかかってくるのです。
    もし戦争がなかったらソンキとホシコはどんなに家族に愛された一生を送ることができたでしょうか。
    両方を読むことでより作品の深みがまします。

    戦争に対して直接的な非難を書いた文章はどこにもないのに、作者の平和へ願いと馬と人への鎮魂が静かにある作品です。
    道民のみなさんに読んで貰いたいなぁ。

    うぁぁぁん

    • 2010.07.05 Monday
    • 08:24
    オグリキャップ。
    私が馬好きになるきっかけを作ってくれた名馬でした。
    最後の有馬記念、本当にかっこよかったな。
    当時はまだ若手の武豊とのコンビ、忘れられません。
    男前な馬だったと思います。

    25歳。
    人間で言えばもうおじいちゃん。
    脚部骨折で診療所で息を引き取ったそうです。
    骨折した25歳の馬が楽になる最前の方法が尽くされたんだと思います。

    オグリがいなかったら、私、ここに住んでないかもしれないな。
    大好きでした。
    ありがとう。さようなら。お休みなさい。

    意外と早く走る

    • 2009.06.15 Monday
    • 10:40
    農家から逃げ出した黒毛和牛が5日めにやっと捕獲されたそうですよ。(宇都宮、毎日新聞より)
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090614-00000010-mai-soci

    よく牛の歩みとゆっくりした動きを表現しますが、
    あいつら結構速いです。

    だって野生時代は肉食獣から走って逃げていたんですよ。
    いざとなったら時速40キロくらいでると思います。
    サラブレッドが最大限に走って時速60キロくらい出すんで。
    しかもチータとかと違って持久力がある。

    暴走したら普通には止められないです。
    パワーもあるから、突進されたらひとたまりもないし。

    牛は意外と猛獣です。
    馬もね。

    お嬢様の娘

    • 2008.12.28 Sunday
    • 21:14
    あの美少女が母親になって娘が活躍するとはねえ。
    私も母親になるわけだ、しみ。

    今日の有馬記念ですよ。
    ダイワスカーレットの圧倒的なレースでしたね。
    今年は牝馬が強かったなあ。
    男勝りというか、女傑というか、そんな馬が印象的。
    往年のメジロラモーヌやクリフジみたいだ。
    見ている方も気持ちいいんだ、なんだかね。
    女に勝てるわけが無いって言われていたところを蹴散らして走り抜けた彼女らはかっこよかった。

    それでいて美人顔なんだよなあ。
    今日のダイワスカーレットもお母さんに似て美少女顔だなあ。

    お母さんのスカーレットブーケが現役美少女だった頃、私もギャル(大ウソ)でした。
    馬の時間軸は人間より早いから、彼女のほうが子供が一人前になっちゃった。
    当たり前なんだけど、なんだか感慨深い。

    まだまだ活躍するだろうから楽しみです。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << March 2020 >>

    はじめてきちゃった人へ

    いろいろあるので週二回が基本更新です。なおmixiにも出没していてそっちは頻繁につぶやいてます。にコメント、トラックバックについてはスパムが多いため承認制にしました。 私がふさわしくないと判断したコメント、トラックバックについては削除する可能性もありますが、めったなことでは削除しませんので、お気軽にコメントください。

    cow girl homeにきちゃった人

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    骨盤メンテ―ゆがみを解消!
    骨盤メンテ―ゆがみを解消! (JUGEMレビュー »)
    渡部 信子
    待ってました!渡部先生の本がついにでました。妊産婦の腰痛や女性の骨盤について詳しく書いてあります!

    recommend

    専門医がやさしく教える 腰痛―つらい痛みや慢性的な不快感、しびれを撃退!
    専門医がやさしく教える 腰痛―つらい痛みや慢性的な不快感、しびれを撃退! (JUGEMレビュー »)
    久野木 順一
    もっとも手に入れやすい腰痛関係の本で整形の先生が妊産婦の腰痛についてかいているのはこれぐらいです。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM