スポンサーサイト

  • 2018.12.31 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    片方だけに問題を見つけるのはよくない

    • 2007.09.08 Saturday
    • 07:14
    あっちこっちで「妊婦たらい回し」とか騒がれていますが・・・。

    マスコミの報道があまりに偏っているので、今回は病院側を弁護。
    普通、妊娠が判ったら、とりあえず産婦人科に行きます。
    必ずしも正常妊娠とは限らないから、産婦人科で見てもらう必要があるんです。
    で、妊娠と判明すれば、その後、母子の健康のため定期検診があります。
    まぁ、めんどくさいっちゃ、めんどくさいですが、自分とお腹の子供のためには必要な事です。
    無事に赤ちゃんがお腹で育っているか、お母さんが妊娠や出産に危険がないか、助産師さんや医師が診てくれるわけです。
    それから、公的機関から補助金がでる検査もあるので、そういったもののために母子手帳をもらいに市役所にいきます。
    母子手帳は生まれてきてからも、子供の健康管理に使うので大切なものです。

    ところが。

    「未受診妊婦」という人達がいます。
    妊娠しても、病院に行かない。
    定期検診も行かない。
    母子手帳も貰わない。
    で、いざ、生まれそうになったら救急車で産婦人科に担ぎ込んで貰って出産する。

    ちょっと前は望まない妊娠をしてしまった10代の女の子や、きちんとした在留資格を持たない外国人などが多かったのですが、最近は普通の日本の女性が増えている。
    奈良の死産事件の女性も38歳で未受診妊婦。
    札幌で搬送を16件断られた妊婦も未受診妊婦。

    人道的にみれば、「助けてやれよ」と思うかもしれませんが。
    今の日本の産婦人科は、すでにかかっていいる妊婦さんでだけでもパンク寸前。
    医師も助産師も足りない。
    ベッドも足りない。
    しかも未受診妊婦はどういったリスクをもった人が判らない。
    もしかしたら、HIVを持っているかもしれないし、逆子なのかもしれないし、多胎なのかもしれない。
    しかしそんな情報が事前に知らされていない妊婦が突然やってきて産ませてくれ、とくる。
    もし、これで妊婦や新生児に事故がおきれば「医者のせいだ!」とすぐ訴訟。
    普通の妊婦ですら何かあればすぐ訴訟の産婦人科の先生たちはビクビクしてるのに。

    しかもこの飛び込み出産の場合、出産費用踏み倒し(知らない間に勝手に退院)、赤ちゃん置き去り、等の問題を起こす事が多い。

    お金がなくて定期検診を受けられない人達もいますが、お金がない人が出産する場合、生活保護や母子補助制度などがちゃんとある。
    お金がなくて検診費用や出産費用に不安がある場合、公的機関で相談にのってくれるところもちゃんとある。
    そういうところを活用しない。
    自分と赤ちゃんの命を、自ら危険にさらしているとしか思えない。

    特に奈良の事件は、未受診7ヶ月妊婦で夜中に買い物、しかも35過ぎの高齢出産でリスク高。
    これはあまりに、命への責任軽視としか思えない。
    だいたい普通7ヶ月できちんとかかりつけ医がいればまずそこへ搬送されるのに。

    そして腹が立つのはマスコミはこういった問題を一切報道しないで、病院や救急医療体制の不備ばかりつつく。
    マスコミの好きな「自己責任」って言う言葉はどこへいったんですか?

    スポンサーサイト

    • 2018.12.31 Monday
    • 07:14
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      あまりにタイムリーな話題でびっくりした。
      今朝、朝食の支度をしながら、ダンナとこの話したばっかりでした。

      私もこの事件は妊婦さんの責任があると思う。
      妊婦検診は確かに高いけど(初回一万近く飛ぶもんね・・・)
      正直、「昔とは違うんだ!」って思う。
      自然にしてたら勝手に産まれて来る? 
      産気づいてからで大丈夫?
      そんなことはない。絶対。

      ただし、常々思うのだけど、
      出産にかかるお金がありません、となったとき、どこに相談していいのか解らない人ってのはいると思う。
      だから、国としてPRが足りない気がする。

      出産でも、育児でも、サポートしてくれる機関はあちこちにある。
      ただし、これは私が「すでに知っているから」そう思うのかもしれない。
      知らない人にとっては、「どうしたらいいのかわからない」のかもしれない。
      でも、「探す努力をしなかった」ことは責められても仕方ないと思う。


      ちょっと熱くなった。ごめん。人様のところで長文書いてちゃ駄目だよね。
      おお、偶然ですね。
      毒電波発信か受信したんでしょうか。ハハハ。

      >だから、国としてPRが足りない気がする
      これ、同感。
      多分、多くの人にそういうシステムを使われるのが嫌なんでしょうね。
      生活保護の申請を窓口で追い返すのが常習化しているような街が政令指定都市だったりするような、この国では。
      何が美しい国だ、ペッ!

      >でも、「探す努力をしなかった」ことは責められても仕方ないと思う。
      そうなんです。
      例えば10代で高校生で間違った知識で妊娠して親にも友達にも相談できないっていう状況下なら、しょうがないと思う。
      それはかわいそうだとも思う。

      でも二十歳過ぎてからは、その理論は納得できないのであります。
      親にも友達にも相談できない?
      相手にも相談できない?
      一人で悩みました?
      この世にはありがたいことにハローページを開けばちゃんと相談窓口が載っているのです。
      病院に行って、看護婦なり医療事務の人なり、さらに大きい病院ならソーシャルワーカーがいるんだから、相談すれば「こういうところへ行くと助けてくれますよ」と教えてくれる。

      もう、二十歳を過ぎたら「大人」とされるこの国に暮らしていて、探そうとする努力すらしなかったのは怠慢と思われてもしょうがないと思うのです。
      それが嫌ならちゃんと避妊するこった。(まずここだ)

      しかし、こんな風に報道していたらますます少子化するじゃなーい。
      私からみれば、国とマスコミがグルになって少子化促進しているように感じます。
      • まるこ・りお
      • 2007/09/08 11:19 AM
      見る角度を変えると、見えてくるものも違うものなんだなあ。

      妊娠出産って縁遠くて疎い話題なんですが、まあ病院側にも事情はあるわなあ。ホンネもあればタテマエもある……いくら人としてとか言ってもね。
      対応した病院スタッフが俺だったなら……と考えると、必ず受け入れるとは言いがたいかもなあ。
      まあ断り方にもよるのか、どうなんだ?

      そういや、産科に限らず「かかりつけの医師」、いわゆるホームドクター的な概念自体が日本では薄いのかもしれないね。

      • たんの
      • 2007/09/08 6:56 PM
      僕もこのニュースはなんかおかしいナァと思いつつ
      そのままにしていましたが、謎が解けました。

      ありがとうございます。

      いくら病院代が高いといっても、
      酒、タバコ、賭博、趣味なんかを少し節約すれば、
      大丈夫だと思うんだけどナァ。
      • ハギチャン
      • 2007/09/08 11:05 PM
      たんのさん
      日本にはホームドクターの概念はありませんね。
      私はあったら素敵だと思うんですが・・・。
      まぁ、他の病院を紹介して下さい、と頼むと嫌な顔する医師が多いからなぁ。
      ホームドクターは自分の裁量を超えていると判断したら速やかに信用のおける専門医を紹介しなくてはなりませんから。
      あと、普通の妊婦さんはかかりつけ医を持つのが常識です。

      ハギチャンさん
      >いくら病院代が高いといっても、
      >酒、タバコ、賭博、趣味なんかを少し節約すれば、
      >大丈夫だと思うんだけどナァ。
      こういう人は、病院代をケチっても「酒、タバコ、ギャンブル」に回したいだと思います。
      健康保険に加入していると出産時に必ず貰える30万くらいの「出産一時金」というのがあります。
      前は妊婦、もしくはその世帯主に振り込まれてから病院に持っていったりしたけど、今は保険組合から直接産婦人科に支払われるようになってきています。
      なぜなら、その30万、妊婦の家族やや妊婦が「酒、タバコ、ギャンブル、その他買い物」に使っちゃう事があるからだそうです。


      世も末だよ。
      • まるこ・りお
      • 2007/09/09 9:33 PM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      「飛び込み出産!検診を受けずに救急車でタライ回しの妊婦」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 「もは...
      • ブログで情報収集!Blog-Headline
      • 2007/09/09 10:34 AM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << March 2020 >>

      はじめてきちゃった人へ

      いろいろあるので週二回が基本更新です。なおmixiにも出没していてそっちは頻繁につぶやいてます。にコメント、トラックバックについてはスパムが多いため承認制にしました。 私がふさわしくないと判断したコメント、トラックバックについては削除する可能性もありますが、めったなことでは削除しませんので、お気軽にコメントください。

      cow girl homeにきちゃった人

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      骨盤メンテ―ゆがみを解消!
      骨盤メンテ―ゆがみを解消! (JUGEMレビュー »)
      渡部 信子
      待ってました!渡部先生の本がついにでました。妊産婦の腰痛や女性の骨盤について詳しく書いてあります!

      recommend

      専門医がやさしく教える 腰痛―つらい痛みや慢性的な不快感、しびれを撃退!
      専門医がやさしく教える 腰痛―つらい痛みや慢性的な不快感、しびれを撃退! (JUGEMレビュー »)
      久野木 順一
      もっとも手に入れやすい腰痛関係の本で整形の先生が妊産婦の腰痛についてかいているのはこれぐらいです。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM